サイトメニュー

早期発見が重要な症例の今

カウンセリング

治療法確立への期待

医療が発達した現代においても、依然として治療が難しいとされる病気はいくつも存在します。胆管がんもまた、そうした難しい面がある病気に含まれます。肝臓で作られた胆汁を流す管に悪性腫瘍ができる胆管がんでは、症状によってはガン対策となる摘出手術、放射線治療、抗がん剤という3大対策が行えないケースもあるとされます。そして初期段階を過ぎた腫瘍では数年後の生存率が5割を切る程に、回復が難しくなるとされる点も挙げられます。こうした難関に対して、現在では治療法開発や遺伝子レベルでの研究が続けられていると言われています。そして近年では、化学的療法として効果が期待される治療法の他、胆管がんに繋がる確率がある遺伝子の特定も行われる様になって来たとされています。遺伝子の特定によって変異を抑える様な治療薬開発へ繋がる確率もあるとされ、生存率良化への期待がかけられています。

検診の受け方に関して

現在、胆管がんに関する検診は自費と扱われるケースが多く、また通常の健康診断のメニューには含まれておらず任意検診が求められる点も厄介な面と言えます。それにより一般の人々は胆管がんを意識した検診を受ける機会が少なくなり、早期発見に繋がる確率も少なくなるためです。しかし胆管がんの特徴上、できる限り年に1度は意図的に検診を行う事が勧められています。現在行われている検査の中で、胆管がんの発見に有効だと考えられている内容としては、腹部超音波とCTスキャンが挙げられます。CT検査であれば早期腫瘍でも発見しやすいとされる反面、放射線被ばくの確率も否めない点が指摘されます。そのため、毎年1度は超音波検査を受け、超音波でも発見しづらい様な腫瘍に備えて隔年でのCT検査を受ける、という方法が確実だとされます。この様に、毎年確実に定期検診を行い、かつコスト効率の良い検診をする事で、胆管がんの拡大リスクを摘む事が重要とされます。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る