サイトメニュー

発症のリスクと治療

医者と看護師

発症率の上昇

女性の体内には、子宮の左右にひとつずつ卵巣があります。この卵巣のどちらか片方から、多くの場合は約1ヶ月おきに卵子が出てきます。これを排卵というのですが、これが起こることで、女性の体は妊娠が可能な状態になります。排卵は、妊娠中と出産後数ヶ月は起こりません。ところが妊娠しないと、卵巣は休みなく働き続けることになります。これにより、卵巣がんを発症するリスクが上昇します。現在では少子化が進んでいるのですが、それは出産数が減少しているからです。つまり出産しない女性が増えているということですから、それに伴って卵巣がんを発症する女性は多くなっています。しかし卵巣がんは、早期発見による早期治療ができた場合には、5年後の生存率が高めです。そのため発症率が上昇するにつれて、早期発見のための検査を受ける女性は増えていくと予想されています。

妊娠や出産が可能

卵巣がんを発症すると、多くの場合は治療として、左右両方の卵巣と子宮とが摘出されます。転移している可能性のある部分を全て摘出するために、手術範囲をあえて広くしているのです。卵巣も子宮も摘出されれば、当然妊娠することはできなくなります。しかしまだ発症したばかりで転移もしていない状態なら、病巣となっている片方の卵巣を摘出するだけで済みます。もう片方の卵巣と子宮とが残されるので、この場合は妊娠することも可能となっています。ただし卵巣がんは、発症しても自覚症状が出にくいため、発見が遅れてしまいがちです。そのため多くの女性が、何も症状が出ていないうちから、発見のための検査を自主的に受けています。これにより、たとえ発症していても、将来子供を産むことをあきらめずに済むようになるのです。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る