サイトメニュー

がんの王様

聴診器

概要

すい臓がんはすい臓と呼ばれる臓器にできる悪性腫瘍の事です。すい臓がんは統計を取り始めて以降、増加の一途を辿っており、特に昭和五十六年以降ではがんの死因別で第一位となっています。ただ年齢別の増加率で言えばほぼ横ばいであり、すい臓がん患者の増加は高齢化が主要因とされています。四十歳を過ぎると罹患率が急激に増加するからです。すい臓がんの大きな特徴は自覚症状が出ない上に進行が早いという点が上げられます。自覚症状は腹痛や体調不良程度・体重の減少程度で、劇的あるいは特異的な症状は現れません。そのため早期発見が難しいがんの一つなのですが、進行スピードが早いため、気付いた時には手の施しようがないケースも見受けられます。

治療法

すい臓がんは早期発見が困難な事から、医師の診察を受けた時点で、ある程度進行している事が多いがんです。すい臓がん治療において一般的なのは外科治療・化学治療・放射線治療の三つで、早期発見の場合は外科治療と短期的な化学治療で治癒できますが、すい臓がんの場合は最初から複数の組み合わせで治療を行う事が殆どです。がん治療の一つの目安として使用される五年後生存率は約二割ですが、早期で発見できた場合の生存率はぐんと上がります。すい臓がん最大の治療法は早期発見・早期予防であり、不安を覚える人は定期的な健康診断を受ける事が推奨されます。最近では画像診断技術の進歩が目覚ましく、二センチ以下の小さな腫瘍も簡単に発見できるようになっています。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る