サイトメニュー

いわゆる脱腸の治療法

ハート

ヘルニア嵌頓を起こす前に

病気の名前にはポピュラーな通称と正式な病名の2通りがあります。例えば一般に脱腸と呼ばれている病気の正式名称は鼠径ヘルニアと言います。この病気は太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。はみ出す部分は必ずしも腸ばかりと限らず、女性の場合は卵巣が出てくることもあります。脱腸または鼠径ヘルニアは小児に多いというイメージもありますが、成人であっても発症例は少なくありません。特に腹筋の弱い人や立ち仕事の人に発生しやすい他、中高年の男子に多い傾向も見られます。便秘がちで排便時に強くいきむ人も要注意です。鼠径ヘルニアも初期状態では特に痛みもなく、飛び出してきた部分を指で押すと元に戻ります。症状が進行してくるとヘルニア嵌頓を起こし、指で押しても戻りません。この状態になると腸閉塞や腸の壊死などの危険を伴います。鼠径ヘルニアに気づいたら早めに外科での治療を受けることで、ヘルニア嵌頓を防ぐことができます。鼠径ヘルニアを治すには、手術が唯一の選択肢となります。鼠径ヘルニア手術の歴史は古く、盲腸炎とも呼ばれる虫垂炎の手術と同様に数多く行われてきました。近年では手術方法も進歩しています。

人口補強材で日帰りも可能

鼠径ヘルニアの手術と言えば、かつては筋膜の隙間を縫い合わせる方法が主流でした。この方法をバッシーニ法と呼びます。バッシーニ法には相応の痛みを伴う上に、術後は安静が必要となりますので入院が前提となります。現在主流となっている手術は、筋膜の隙間を縫い合わせる代わりに人口補強材で穴を塞ぐ方法です。自然に溶ける糸を使って人口の膜を貼り合わせるため、抜糸の必要もありません。バッシーニ法では腰椎麻酔を施した上で行われますが、人口補強材を使う方法の多くは局所麻酔を使います。そのため日帰り手術に向いていると言えます。短時間で麻酔から覚める新しいタイプの全身麻酔も、腹腔鏡を使ったヘルニア修復術などに使用されています。日帰り手術で使われる人口補強材にも、メッシュプラグ法やクーゲルパッチ法などいろいろな種類があります。それぞれ鼠径ヘルニアの状態や患者さんの体型などに応じて最適な方法が選択されます。鼠径ヘルニア手術に実績のある病院ほど多くの選択肢が用意されており、どのような症例にも対応できます。できるだけ仕事を休みたくないという人には、こうした病院で手術を受けることにより短期間で復帰できるのです。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る