サイトメニュー

早期発見が重要

相談

定期的な検診の受診

すい臓がんは発見した時には手遅れとなっている場合の多いがんの一つです。すい臓がんの初期には自覚症状のないことが多いので、症状が発症して診察を受けた時には悪化しているケースが多くなっています。しかしながら早期発見をすることによって治療方法が開発されておりますので定期的に健診を受診することが重要です。すい臓がんの検査としては血液検査や腫瘍マーカーのケースが一般的ですが、親族にすい臓がんの経歴がある場合には初めから超音波エコーを受診する人が増加しています。最近は画像が解像度の向上によって従来よりの発見の確度が高くなっていますので信頼性が向上しています。しかしながら最終的にはCT検査やMRCP検査が行われます。

原因の排除が重要

現在でもすい臓がんは死亡率の高いがんとなっていますので、すい臓がんにならないようにすることが重要です。原因としては生活習慣やすい臓の病気、遺伝的な原因が考えられています。生活習慣ではタバコや肥満、お酒の飲み過ぎが指摘されています。特に喫煙は大きな要因となっており、糖尿病も関係が深くなっています。慢性膵炎からすい臓がんに進行することが散見されているために慢性膵炎の治療は必要です。親族にすい臓がんや膵炎を発症したケースがある場合には遺伝的にすい臓がんに罹りやすいことが判明していますので特に定期的な検診の受診が必要です。食生活の改善や適度な運動は生活習慣の改善に繋がりすい臓がんに罹病する確率を下げる効果があります。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る