サイトメニュー

咽頭にできるがん

ドクターとナース

のどのがんの症状と原因

咽頭がんとはのどの部分にできるがんのことです。大きく分けて上咽頭がん、中咽頭がん、そして下咽頭がんの3つに分けられます。自覚症状があまりなく、また症状に気付いても他の病気と紛らわしいため、この部分に何か違和感がある時は、すぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。主な症状としては、食物が呑み込みにくい、首に圧迫感がある、それから首にしこりができるなどで、がんができる部位によっても違いがあります。たとえば上咽頭の場合は耳鳴りや視覚障害、中咽頭の場合は扁桃腺炎、そして下咽頭の場合は呼吸がしづらくなります。ウイルスによって起こるといわれていますが、飲酒と喫煙もかなりがんの発生に関与しているといわれています。ですから、まずお酒やたばこを止める、あるいは減らすことでいくらか予防できます。

放射線と抗がん剤が主流

咽頭がんの治療方法ですが、通常のがん治療とは違い、主に化学療法と放射線療法が行われます。これは、咽頭がんができる部位には、口腔や声帯など普段の生活に欠かせない器官があることに加え、咽頭がんそのものが、比較的化学療法や放射線療法の効果が現れやすいのも理由の一つです。特に放射線と馴染みのいい抗がん剤を使って、この2つの両方を併用することもあります。もしこれらの治療方法が功を奏さない場合は、外科療法が採られます。これも部位によって違いがあり、聴覚や視覚関連の器官が多い上咽頭では、切除部分をできるだけ少なくします。その他の部位も、できるだけ生活に差支えないように手術後は再建が行われます。また、がんが小さいうちはレーザーや凍結療法を使い、咽頭の本来の機能をできるだけ残す方法もあります。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る