サイトメニュー

肺の病気

ナースと医者

症状と原因

肺がんとは肺、気管支、肺胞の一部ががん化したものなのです。がんの中で最も多い病気と言えるでしょう。初期の段階で感じる自覚症状はないため、発見した時は病気が進行してしまっていることも多いのです。肺がんになると咳、呼吸困難、息切れ、体重減少、痰、胸の痛みなどが現れるのです。がんが成長して大きくなると、閉塞性肺炎や無気肺の状態になることもあるのです。肺がんの原因で最も多いのは喫煙です。吸う回数が増えるほど肺がんになるリスクは高くなるのです。大気汚染も原因の一つでしょう。空気中の有害物質を吸い込むことで、肺まで届き正常の細胞を傷つけてしまうこともあるのです。抗酸化作用のある食材を摂ることによって予防することができるのです。レバー、ナッツ、果物、野菜などは手軽に摂れるので人気の食材となっているのです。

予防方法と治療

肺がんを予防するためには、水分を多く摂ることも大切です。栄養素の消化、吸収、排出に欠かせないのです。ウォーキングなどの軽い運動を毎日続けて行うことも予防策の一つでしょう。肺がんの検査では喀痰細胞診、血液検査、胸部CT検査などの方法があるのです。早期に発見することで完治の可能性が高まる病気なので、異変があればすぐに病院で診てもらうようすることが大切でしょう。肺がんの治療方法には、直接がん細胞を取り除く外科療法があるのです。転移がみられない段階で行える治療といえるでしょう。肺がんの病巣に放射線を照射してがん細胞を殺す放射線療法もあるのです。全身に転移している場合や、高齢者に多く行われる治療方法なのです。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る