サイトメニュー

大腸悪性腫瘍の対策法

ドクター

対策の種類

大腸がんに対する治療法は手術が中心で、がんの広がりの程度と患者さんの年齢や健康状態によって化学療法と放射線療法が組み合わせて用いられます。手術では癌組織と場合によって周囲の結腸又は直腸組織や近くのリンパ節の一部が摘除されます。検査に用いる内視鏡あるいは腹部の小さな孔から機器を挿入する腹腔鏡を使う方法と従来からの外科手術があります。化学療法は抗がん剤を用いる方法で、大腸がんに対してはフルオロウラシル・レボホリナートやオキサリプラチンなどが用いられます。これらの治療薬を静脈からの点滴や錠剤の服用で全身に投与する方法と、転移がんなどに対して局所の血管から投与する方法があります。放射線療法には外部から放射線を当てる方法と、体内から照射する方法があります。

対策の実際

がんが大腸の最も内側の粘膜かその下の粘膜下層にあるときには、内視鏡によってがんを除去して治療します。大腸がんが筋層から最も外側の漿膜を超えて近くの組織やリンパ節に転移が起こり始めている場合には、腹腔鏡や外科手術によって病巣が摘除されます。手術前にがんの大きさを減らしたり手術後の取り残したがん細胞を処理するために、化学療法と放射線療法が使われます。化学療法と放射線療法は手術ができないヒトに対してや、がんが腹膜・肝臓・肺・骨や卵巣などに転移しているときに症状を緩和する目的でもおこなわれます。大腸がんの危険因子である高脂肪食や運動不足が、がんの再発を高めるという報告があります。動物脂肪などの摂取を避け、適度に運動することが治療効果を継続させるために大切です。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る