発症のリスクと治療

医者と看護師

出産しない女性が増えている現在では、卵巣がんを発症する女性も多くなっています。発症しても、早期治療をすれば5年後も高確率で生存することができますし、手術でも片方の卵巣と子宮とを残すことが可能です。この場合は妊娠出産も可能なので、そのため早期発見のための検査を受ける女性は増えていくと考えられています。

詳しく見る

早期発見が重要な症例の今

カウンセリング

従来のガン対策が行えないケースも起こり得る胆管がんでは、現在も治療法開発が進められている。その中で化学療法の進展や、遺伝子療法への期待がかけられている。一方でなるべく早期発見に繋げるために、意図的かつ定期的な超音波およびCT検査を受診し、腫瘍の拡大リスクを抑える事が重要とされている。

詳しく見る

サイトメニュー

いろいろな切除方法

病院

直腸がんの手術はさまざまな方法で行われています。昨今は肛門などの機能をなるべく温存して行われる手術が主流になっていて、術後の生活の質が保たれています。技術は発展していても早期の発見、早期の治療が一番大切になってきます。

詳しく見る

肺の病気

ナースと医者

肺がんになると咳、呼吸困難、息切れ、体重減少、痰などの症状が現れるようになるのです。初期の段階では気づきにくいため、発見された時は病気の進行が進んでいる場合も多いのです。食べ物、運動などによって予防することもできるでしょう。

詳しく見る

肝臓の癌を治す方法

医者

肝臓がんの治療は、基本的に外科手術が用いられます。肝臓は再生機能が高く大きく切除することが可能であるからです。肝臓の状態で治療法が決まるので、病状に合わせながら最適な治療法が取られるようになっています。

詳しく見る

早期に発見することが大切

医者

女性よりも男性に多い

日本人の死亡原因で一番多い病気はがんです。がんはあらゆる臓器から発生しますが、中でも大腸がんになる人は年々増加しています。そして、年齢を重ねるにつれて大腸がんになる人は増えており、女性よりも男性に多く発生する傾向があります。無秩序に増殖してしまう細胞のことをがん細胞と呼びますが、健康な人の体内でも頻繁にがん細胞は生まれているのです。ただし、体内の免疫機能が正常に働いていれば、免疫細胞ががん細胞を退治してくれるのです。しかし、何らかの理由で免疫機能が衰えてくると、がん細胞の増殖を止めることができなくなり、がんを発症してしまうのです。そして、大腸の粘膜を形成している細胞ががん化したものが大腸がんなのです。

進行が遅いがんです

大腸がんは、その他のがんに比べ進行が遅いがんですから、治療しやすいがんと言えます。要するに、摘出することで完全に治療することができますから、早期に発見することが大切です。大腸がんは、糞便で調べることができます。これは糞便に付着した血液を調べるもので、大腸がんになると血便が起こりやすいという特徴を利用した検査法です。糞便に血液が付着していると判れば、内視鏡で大腸内部を観察することになります。そしてがんが小さいものであれば、検査途中で内視鏡を使って摘出し、治療することが可能なのです。ですから、毎年少なくとも1回は大腸がんの検査を行いましょう。いくら進行が遅いがんと言っても、転移してからでは治療が困難になるのです。

人気記事

ハート

いわゆる脱腸の治療法

鼠径ヘルニアは脱腸とも呼ばれ、太ももの付け根付近に腸や腹膜の一部がはみ出した状態です。放置してヘルニア嵌頓を起こすと命に関わることもありますので、そうなる前に治療する必要があります。鼠径ヘルニアの治療には手術を要しますが、現在では人口補強材を使って穴を塞ぐ方法により日帰り手術も可能です。

詳しく見る

相談

早期発見が重要

すい臓がんは早期発見がしにくく自覚症状が発症すると手遅れになるケースが一般的です。生活習慣の改善や定期的な診断で予防や早期発見に努める必要があります。遺伝性も指摘されているので心臓にすい臓がんや慢性膵炎の経歴がある場合には特に注意が必要です。

詳しく見る

医者と看護師

人気の病院と特徴

重症化する病気に対してはそれぞれの病院が日夜研究を進めています。食道がんでは様々な手術が開発されていて、高度な技術の手術や名医が居る病院は人気があります。食道がんは進行度が速く、転移する確率もとても高いのが特徴です。

詳しく見る